2005年12月12日

僕らは風になった…

これが正真正銘今年最後の大会参加となるだろう。
しかし駅に集合したのは5人。今日も厳しい戦いになると空を仰いだ瞬間、もしツアの2人を連れて#14【救世主】 が現れた。
「こいつら2人で十分だろ☆」
そうただ一言だけ言葉を放ち、救世主は試合には出ず、ヘッドコーチとして参戦。
そして前回2位と悔しい結果となったあのタイルの広いコートへと足を進めた。

†第一試合 vs カブクン2006†
先発:TADASHI#1、ROONEY#18、OKU#15、TAKASHI.Z#31、YOSHIDA#10

来週の木曜から研修が始まるROONEYの同級生、【超新人 吉田裕樹】が背番号10を背負い、参加した。
開始1分、その超新人のYOSHIDAの右足が火を噴いた!!
TAKASHI.Zのパスを受け取り、ドリブルで1人かわし、敵を背負ったままシュート!!ゴールキーパーに当たったがその勢いまでは消す事は出来なかった。1点目。
その次に仕掛けたのはOKU。
205円の軍手を装備したキーパーTADASHIからボールを受け取ると左サイドから単独ドリブル突破!!
取られ取り返し、取り返し取られてのOKUの熱いカウンターは敵の焦りを誘い、苦肉のキーパーへバックパス。これがミスキックとなり、ボールはTAKASHI.Zの足下へ。無人のゴールへとボールを流す。2点目。
ここでジッとしてられないROONEYが動き出した!!
みずから敵のロングパスを胸でパスカットすると、ROONEY-YOSHIDA-ROONEYの大宮ホットラインを披露し、弾丸シュート!!これは惜しくもポストの右側に外れた。
そしてまた、調子に乗って攻めるといつも通り足下をすくわれ、カウンターで1点を失う。
ここでアノ初戦の小悪魔が顔をのぞかせるが、それを払拭すべく空気を読まない得点王の血が騒ぎだす!!
右サイドで単独突破からROONEYのミドルシュートがゴールに突き刺さる!!3点目。
後半に入っても勢いは変わらず、開始すぐYOSHIDAが敵のクリアミスをすかさずシュート!!4点目。
そのあとは、敵のコーナーキックから失点。
だがそのすぐ後、TADASHIのスローインをダイレクトでOKUがシュート。5点目。
敵のミドルシュートで失点。
その後、攻めに攻めたがホイッスルが鳴り、試合終了。
激闘のシーソーゲームを制し、因縁の初戦スランプに終止符を打った。

  結果○<5-3>
得点者:YOSHIDA(2)、TAKASHI.Z、ROONEY、OKU
アシスト:TADASHI

†第2試合 vs アバカム船橋†
先発: TADASHI#1、ROONEY#18、OKU#15、TAKASHI.Z#31、VITAL#3

ここで負けると、初戦の勝利が何の意味も持たない。
気合いを入れる為に円陣をする。オォォォォォ!!
この気合いはみんなに乗り移った!!
S.C.Bの素早い前線からのプレッシャーにたじろく敵DF陣。そこから頭一つ抜け出したOKUのシュートが早速入る。1点目。
そしてVITAL、TAKASHI.Zのプレッシャーは続き、0失点で抑えるが攻撃が少し物足りない。
後半、TAKASHI.Zに代えYOSHIDAを投入。
早速この刺激が最高の攻撃的スパイスへと変わる。
TADASHIのスローインをYOSHIDAがVITALへ流し、シュート。
正確なインサイドキックがゴールネットを捕らえる。2点目。
ここら辺で敵が焦ってパスが荒くなってくる。
OKUが最終ラインでドリブルをカットし、前線のI.HORSEへカウンターパス!!しかし、I.HORSEにいつものキレが無い!!敵に囲まれYOSHIDAにパスを出すがシュートは枠を外し得点には繋がらなかった。
鉄人I.HORSEといえど48時間ノン睡眠には勝てなかった…。
この後、ROONEYがすかさず得意のパスカットからのミドルシュートが決まり、3点目。
続いてROONEYのパスカットからのミドルシュートが連続で決まる。4点目。
その後、OKU-ROONEYによって組まれたカテナチオは崩れる事無く試合終了30秒前。アクシデントは起こった。OKUが敵との衝突で顔面強打で歯に激痛が走り、試合続行不可能に。
VITALと交代しこの試合は終了。
ただ、この後の試合に残る不安要素が出来てしまった。

  結果○<4-0>
得点者:OKU、VITAL、ROONEY(2)
アシスト:YOSHIDA

ここで2勝したため、決勝戦進出がほぼ確定。
そしてTADASHIのフィールドへのフラストレーションが溜まった為、OKUが大会参加初のキーパーをする事になった。

†第3試合 vs チーム・クロコップ†
先発: OKU#1、ROONEY#18、VITAL#3、TAKASHI.Z#31、I.HORSE#7

連戦のためTADASHIは準備が間に合わずスタートが遅れる。
しかし準備し終わってもなかなか先発メンバーは代わってくれない。
一方コート内ではI.HORSE、TAKASHI.Zがシュートを連発。しかし敵キーパーの正面に飛んでいき欲しい先制点なかなか取れない。
ここでTADASHIを投入!!
いきなりこれまで溜まったフラストレーションを爆発させる。
ROONEYのスルーパスをTADASHIがスライディングシュート!!1点目。
この一週間築き上げ過ぎた【もしツアホットライン】は、キラリと光るパスを繋げるがなかなかゴールに繋がらない。
そして前半終了。もしツアの2人に疲れが目立ってきたのでYOSHIDAとTAKASHI.Zと交代する。
後半はキーパーが即席の為、もっと点差が欲しいと思っていた中、最悪の事態が起こる。
たった一本の縦パスから失点してしまった。
しかしここで、アノ千住男が吠えた。
TAKASHI.Zがコーナーキックで逆サイドのへパス。そのパスを受け取ったYOSHIDAが1人かわし中央に走り込んだTAKASHI.Zへセンタリング。不得意のダイレクトボレーは案の定ミスキックになったが、運良く自分の前に転がったボールを倒れ込みながら左足で流し込む。2点目。
そのあと、何回も3対1で攻め込まれるも、ROONEYのディフェンス、OKUのギコチない手を使わないセーヴィングで抑える。
カウンター合戦になり、一瞬も気が抜けなくなるが、相手のカウンターのパスはROONEYのカモとなり危なげなく試合終了。

  結果○<2-1>
得点者: TADASHI、TAKASHI.Z
アシスト:ROONEY、YOSHIDA

†決勝戦 vsチーム・クロコップ†
先発: TADASHI#1、ROONEY#18、OKU#15、I.HORSE#7、YOSHIDA#10

決意の円陣から始める。
ここまできて負ける気がしなかった。
むしろみんなからオーラが出ていた。
【無敵感】
この言葉が適切だと思う。
試合開始すぐにOKU-ROONEYの攻撃的カテナチオをかける。
そしてI.HORSE-YOSHIDAの前線から早いプレッシャーも忘れず作動する。
敵は思った通り動けずイライラしてると早速、攻撃的カテナチオの網に引っかかる。
ROONEYが放ったロングパスは敵ディフェンダーにカットされるが、そのままドリブルに移行しようとした時、すかさずROONEYが詰め、カットしシュートする。1点目。
そして立て続けにカテナチオの網に引っかかる。
敵がカウンターしようとした瞬間、OKUの執拗なマークに遭いバックパスを強いられるが、
これがパスミスになる。そこにI.HORSEがつめ、シュート。2点目。

この瞬間、大会参加初【全員ゴール】の偉業を成し遂げた。

そして、OKUが顔面にエルボーを喰らいながら止めたボールをROONEYが前線のYOSHIDAにスルーパス。これを落ち着いて決め、3点目。
このあと相手の怒濤の攻撃をOKU、ROONEY、TADASHIのカテナチオが完全に弾き飛ばす。
そして、I.HORSE、YOSHIDAの攻撃陣も手、いや足を休めない。
がしかし、枠をなかなか捕らえる事が出来ない。ここで前半終了。
攻められる局面が増えたが、3-0で決勝戦としては最高の状況で折り返す事に成功する。
後半、敵のあたりが急に荒くなりホントにサッカーみたいになってきた。
敵が攻め込む場面がますます増えてくる。
がS.C.B.カテナチオは落ち着き、跳ね返すが敵のキープレイヤーをマークしすぎた瞬間(とき)、全くノーマークだった敵からのシュートを決められてしまう。
この後、コーナーキックからOKUのダイレクトボレー、ROONEY-I.HORSE-YOSHIDAの華麗なパス回しからシュートなど、攻めに攻めるがここで試合終了。

この瞬間、【全勝優勝】達成した。
そして、僕らは風になった…

  結果○<3-1>
得点者:ROONEY、I.HORSE、YOSHIDA
アシスト:ROONEY

メンバー:
VITAL#3.IRON.HORSE#7.YOSHIDA#10.TADASHI#13.OKU#15.HIKAROONEY#18(MVP).TAKASHI.Z#31
もしツアの2人を連れ、しかも試合の撮影をしてくれたSAY-NO!!#14さん、ホントにありがとうございます。
トロフィーを掲げたいメンバーはOKUに一言かけてください。
また、自分でトロフィーを勝ち取りたいメンバーもOKUに一言かけてください。
優勝おめでとうございました。

1210集合ハ真.jpg

1210ブログ用2.jpg
もらっちゃいました。

1210ブログ用1.jpg
205円 軍手キーパー
posted by OKU(c) at 23:57| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 大会STORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に風になったね…試合当日二時間前まで不眠不休で仕事をしてて大会参加を諦めかけてたので本当にSAY-NO!!さんには感謝です!この優勝はみんなで勝ち取ったものなので感動!若い息吹が入ってまだまだこのチームは強くなる!
Posted by I.horse #7 at 2005年12月13日 11:01
おめでとう。

僕は1戦目で勢いをくれた新加入オダギリもどきと
いろんな気持ちを吹っ切った#31TAKASHI.Zに
敢闘賞をあげたい。

それはいいとして
僕の高級なキャメラワークが使いものになったのか??
それだけが不安です。。。
Posted by SAY #14 at 2005年12月13日 13:43
追記

もしも軍団が役に立ててほっとしました。
Posted by SAY #14 at 2005年12月13日 13:45
☆二つ目おめでとう。大きな怪我もなく全員得点で全勝!激さいっこうじゃん。
寒さが厳しくなるにつれ、みんなの胸はあっちっちになる。この暖房いらずめっ!ちょめっ!
みんな、激かっけーじゃん。
Posted by JJ#16 at 2005年12月13日 14:12
皆さんお疲れ様でした。
お疲れ!!キャプテン!!
正直参加を諦めようと思ってました。SAY-NO!!さんからの連絡がなければ…。
送っていただきありがとうございました。何度起こしてもピクリともしなかったI.horseを一声で起こしていただきありがとうございました。
パワーをいただきました。回復したら、また一緒に走り回りましょう!!42度くらいじゃ、SAY-NO!!の種は死にませんから!!
Posted by VITA#3 at 2005年12月14日 14:07
知らない間に、そんな素敵なことが起こっていたのですね。
おめでとうございます。
Posted by MIKO#40 at 2005年12月15日 01:17
OKUわざわざ10編にトロフィーを見せびらかしにきてくれてありがとう。俺も戦いたかったっつーの!年末の厳しいスケジュールが続き球蹴できなくてイライラすっけどみんなも後2週間気合いを入れて師走を乗り切ろう!来年の蹴初めはいつ?
Posted by GOTTZ#6 at 2005年12月16日 15:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック